なんであのキャラクター達が出てくるの?シャーマンキング公式外伝の2巻の感想!
レッドクリムゾン2巻_e

スポンサードリンク


第1巻では『シャーマンキング:フラワーズ』にて語られなかった、アイアンメイデン・ジャンヌの死の真相が語られたりと本編『シャーマンキング:スーパースターズ』の物語に深く関係していることが分かりましたが、本筋である道家とレッドクリムゾンの戦いは今巻ではどのようになっていくのでしょうか?

INDEX
●商品紹介
●第2巻の注目ポイント!
●作品解説と感想(ネタバレあり)

レッドクリムゾン2_e

●商品紹介

表紙はコレ!
レッドクリムゾン2巻2_e
第1巻では狂言回し的立ち位置だったホロホロが表紙に登場です。

第2巻ではバトルに参加してくれるのかな?

帯には大きく「やったら やり返される」の文字!

裏表紙はコチラ
レッドクリムゾン2巻3_e
道家の最後のの物語・・・
最後って、この作品は悲劇で終わるんかな?


●第2巻の注目ポイント!

今巻のネタバレなしの注目ポイントを書いていきます。

○道家に殺されてキョンシーにされ恨んでいていてもおかしくない李白竜の道潤への思い

久々に1コマだけ登場X-LOWSのメンバーたち(個人的に持ち霊の造形がめっちゃ好きなんですよね・・)

○本編『シャーマンキング:スーパースターズ』とは違った肉弾バトル!

○続々登場するレッドクリムゾンの主要メンバーと、なんか別作品で出てたような気がするキャラクター達。

最後にあのキャラクターが登場!まさかの参戦?


●作品解説と感想(ネタバレあり)

ネタバレ有りなので注意!

今作を読んでまず思ったこと・・・

展開遅くね?

道潤と李白竜の心情が深く描かれているのはいいんだけど、今作は前回攻められてボロボロになったから今度はこっちから攻めていくって展開になって、攻めていった先でレッドクリムゾン(東一族)のなかのメインキャラクターの紹介がされただけのような。


取りあえず2巻の大まかなストーリーを書くと、前回の戦いでボロボロになった道潤と李白竜、他の道家の面々に止められても今度はこちらからレッドクリムゾンを攻めに行きます。

なんやかんやレッドクリムゾン側の人間とキョンシー同士のバトルをして勝つわけなんですが、レッドクリムゾンの中心核メンバーが登場し、持ち霊の四聖獣たちを紹介されて力の差を見せつけられます。

そんなに力があるのになぜ妹である『東紅紅』を戦わせるのかと問う『道潤』に対して、その問いを聞いていた『東紅紅』は激高して『道潤』を襲おうとしたところに『道蓮』が登場!!で2巻は終わり。

しかし、「やったら やり返される」の連鎖を止めるために『道蓮』には戦わせず『道潤』が戦っているのに、この場面で『道蓮』を登場させてしまうとは、今後どういうストーリー展開にしていくのか非常に気になりますね。

あと今作に出てくる四聖獣の面々の見た目が、武井先生の別作品『機巧童子ULTIMO』のキャラクターなんですけど、どういう繋がりがあるんですかね?ただのスターシステム的な感じで同じ見た目にしただけなんでしょうか?

ちなみにこの子ら+他2名
ウルティも_e
出典元:ジャンプSQ.

それに東一族の長老の見た目も『機巧童子ULTIMO』の原作者スタン・リーなんですけど、それ問題ないの?


シャーマンキング関連記事





  スポンサードリンク            スポンサードリンク