リアルサラウンドシステムで映画やゲームを試して、サウンドバーでの疑似サラウンドと比べてみたよ!
リアルサラウンド比較

スポンサードリンク

前回、ホームシアターの音響をサウンドバーでの疑似サラウンドから、6.1chのリアルサラウンドへ移行したのですがその性能を比較するために色々楽しんでみました。

INDEX
●目的
●疑似サラウンドの環境
●安価で構築したリアルサラウンドの環境
●映画で比較!
●ゲーム『バイオハザードRE2』で比較!
●感想
speaker_e

●目的

安価で買えるものや、まともに使えなかったものを修理して6.1chのサラウンドシステムを構築してみたのですが、実際にまともに使えるのか?それよりも価格面で高価なサウンドバーと比較するとどうなのか?を調べるために色々試しつつ楽しんでみました。

●疑似サラウンドの環境

まずは前回までの復習として、リアルサラウンド構築前にホームシアターでの音響環境を紹介します。

YAMAHAのサウンドバーYAS-107
YAS-107_e
後付けでサブウーファーNS-SW210
NS-SW210_e
を追加導入して映画やらを楽しんでいたわけなんですが、
サラウンド効果に満足できなくなったことと、
リアルサラウンドを試してみたくなったことからリアルサラウンドシステムを構築してみることに。

ちなみに費用はサウンドバー新品を22000円、サブウーファーは中古で5000円の合計27000円ほどかかったものです。


詳しくはコチラのページでサウンドバーの疑似サラウンドから、安価なリアルサラウンドへ移行してみた。

我が家のホームシアターのプロジェクターやスクリーンなどに関しては、安い予算でホームシアターを設置した結果  感想と反省点を参照してください。

●安価で構築したリアルサラウンドの環境

前回構築したリアルサラウンドシステムは現状こんな感じ。
リアルサラウンド14
AVアンプ  
   
TX-SA606X
サブウーファー 
   NS-SW210
センタースピーカー 
   
なし
フロントスピーカー左右
   SX-9

サイドスピーカー左右 
   SC-AM330
バックスピーカー左右
   CCS-200

安く手に入れたものや、祖父の家に眠っていたものを修理して使っているので、スピーカー自体の全体バランスは、かなりアンバランスな状態です。

中古のスピーカーやAVアンプ、修理にかかった費用、スピーカーケーブルなど、かかったトータルの費用は12000円くらいという抑えに抑えた費用で構築した6.1chリアルサラウンドシステムになります。

サブウーファーは
NS-SW210を流用したので正確にはトータル費用17000円でした。

詳しくはコチラのページで
サウンドバーの疑似サラウンドから、安価なリアルサラウンドへ移行してみた。

●映画で比較!

27000円かかったサウンドバー17000円かかった6.1chサラウンドシステムを比較するのにまずこの映画作品を試してみました。

ぼくが好きなアクション映画の1つ『キングスマン』
リアルサラウンド比較9
対応音声はDTS-HD Master Audio/5.1chサラウンドになっています。
リアルサラウンド比較10
6.1chサラウンドシステム環境だとバックスピーカーが鳴らない4.1chで楽しむことが出来るわけです。

で、サウンドバーと比較すると・・・

やっぱりサラウンド感が全然違うんですよね。

リアルサラウンドを試す前はサウンドバーによる疑似サラウンドでも微妙にサラウンド感を感じれていたのですが、
試した後だともう音がスクリーン前に置いているサウンドバーからしか聴こえないようになってしまった・・・。

でもでも、前回も書いたのですが安物スピーカーで構築したせいで音質と音のバランスがサウンドバーに劣っているので、そこは微妙な感じに

次に試した作品は
『シビルウォー・キャプテンアメリカ』
リアルサラウンド比較8
なぜこの作品にしたかというと対応音声が
DTS-HD Master Audio/7.1ch(ロスレス)となっていて、さっき使えなかったバックスピーカーも鳴るようになるわけです。
リアルサラウンド比較6
で、試した結果、バックスピーカーって基本あんまり鳴ってないから実感する部分が少ないんだけど、自分の背後からキャラクターが現れるシーンなど、ちゃんと背後で音が鳴るわけなんですよ。
そして場面全体が爆発してるシーンなどでは爆発音に包まれているような状態を味わうことができて感動・・・。

ほかにも色々試してみた結果、サラウンド効果に関しては安物で組んでもやっぱりリアルサラウンドのほうが上ということがわかりました。

しかし、あくまでサラウンド効果だけでTV放送など基本2chの番組やドラマを楽しむ場合は、音質や音のバランスが上のYAS-107 のほうが上といった感じに。


●ゲーム『バイオハザードRE2』で比較!

そして最後にゲームでも試してみることに。
試した作品は『バイオハザードRE:2』!

リアルサラウンド比較7
この作品、サラウンド7.1chに対応しているとのことで試してみました。
リアルサラウンド比較3
で、やってみたわけですが・・
正直このゲーム『バイオハザードRE:2』が1番サラウンド効果を感じれました。

ゲーム内で視点をぐるぐる回すと周りで鳴る音、例えばゾンビのうめき声や敵の歩く音といった音も、ぐるぐると自分の周りを回るんですよ。

サウンドバーでやっていたときには敵の位置などは左右の大まかな位置しか分からなかったのですが、リアルサラウンドにすると敵と自分の位置関係がはっきりとわかるんです。

music_ongaku_kansyou_e

●感想

色々楽しんだ結果、アクション映画やサラウンド対応しているゲームなどは安物でもリアルサラウンドの方が楽しめて、
逆にサラウンド効果がそんなに必要ないセリフ重視の映画や、サラウンド効果がない地上波放送の番組やドラマなんかはサウンドバーの方がいいと感じました。

それ以外にもAVアンプが思った以上に発熱するので夏場はあんまり使いたくないことや、スピーカーの配線などごちゃごちゃしちゃう点もあり、サウンドバーの優位点も色々感じることができました。

一応、書いておきますが今回は安物で構築したリアルサラウンドシステムなので、色々な面でサウンドバーに劣るところもあったわけで、お金をかけたリアルサラウンドシステムが組めるなら当然それが1番になると思います。


関連記事
安い予算でホームシアターを設置した結果  感想と反省点
ド素人がスピーカーをセーム革製の自作エッジで修理してみた
サウンドバーの疑似サラウンドから、安価なリアルサラウンドへ移行してみた。



  スポンサードリンク            スポンサードリンク