新シーズンが始まったばかりの第二話でクビの危機の右京さん!
どうなってしまうのか気になる第二話の感想です。
tv_drama_e

前回第1話で

「離屋捜索において遺体がない場合は辞職する」という誓約書に

サインをしてしまい、

遺体も見つけることが出来なかった右京さん。

今回第二話でどうやってクビの危機を乗り越えるのでしょうか?

目次
●前回のあらすじ
●シーズン17第二話感想
boueki_tairitsu_business_e

●前回のあらすじ

資産家一家の父親(鬼束鐵太郎)を息子が殺害してしまい、

その息子の妻である国家公安委員の三上冨貴江は

自己保身のために事件の隠ぺいに加担する。

鬼束鐵太郎は行方不明の扱いとなっていたが

特命係の杉下右京はすでに亡くなっていると確信し、

自分のクビをかけて遺体発見のために鬼束家を捜索をするのだが

結果、遺体は発見できずに捜索が終わってしまう・・・


●シーズン17第二話感想 

第二話冒頭から特命係にとっての直属の上司である甲斐峰明が

特命係の2人を信頼していることが語られます。

以前から特命係をひいきしているのは分かっていましたが

こんなに分かりやすく信頼していることが本人の口から

語られるのは初めてじゃないでしょうか?

そして最後の方では甲斐峰明の息子で

元特命係であるカイト君に対する

思いも語られました。

いままでカイト君のことになると

苦々しい表情になることがありましたが

今回はカイト君に対してのポジティブな思いが分かり

かなり感動しました。

甲斐峰明が初めて出てきたときは官房長に代わる後ろ盾になりつつも

最終的に敵になるんじゃないかと

思っていましたが完全に信頼できるキャラクター

になりましたね。


そして右京さんのクビがかかった遺体捜索の件は

かなりあっけなく遺体が見つかり焦点が誰が殺したのかに移りました。

それにより右京さんのクビの件もあっさりと無くなりました。

前回遺体が見つからずに右京さんどーするん?って感じで終わったので

なんかスカされた感を感じたのが、ちょっと残念でした。

もうちょっと右京さんの辞職ネタ引っ張って欲しかったなー。


富豪一家の事件の方の真相は、

息子と後妻の関係は予想できましたが、

息子の方が後妻にべた惚れで後妻をかばう展開になって

不敵に後妻がニヤリとしたところは若干ホラーっぽく

なっていて面白かったです。


そして最後に特命係と副総監との対立がはっきりと明示されましたね、

このシーズンでやっぱり副総監と決着つけるんでしょうか?

前シーズンでは冠城亘の元上司の
日下部との関係も悪化しているので

この先どうなるのか凄く気になります。


過去の感想
【相棒】特命係がまさかの3人体制となった新シーズン第1話感想【シーズン17】


スポンサードリンク