ぼくが大好きな俳優キアヌ・リーヴス主演のアクション映画「ジョン・ウィック」をレビューしました。
ジョン・ウィックBDパッケージ表

スポンサードリンク


この映画ものすごく分かりやすい復讐映画です。

めっちゃ強いんですけど、

割と隙だらけな元殺し屋がとてもいいんです!!

そして、愛妻のプレゼントの愛犬の命はなによりも重いのです。


感想において若干のネタバレが含まれていますので

まだ観ていない方は注意してください!


目次
●映画説明
●あらすじ
●感想
●おすすめ度

ジョン・ウィックBDパッケージ裏

●映画説明

原題:John Wick
制作年:2014年
監督:チャド・スタエルスキ
主要キャスト:
キアヌ・リーブス
ミカエル・ニクヴィスト
アルフィー・アレン
ジョン・レグイザモ
ウィレム・デフォー

予告動画


●あらすじ

殺し屋(ブギーマン)として名前を轟かせた

ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)は、

最愛の妻となる女性ヘレンと出会い

静かな生活を送るために殺し屋を引退する。

その後、平和な生活を送っていたが

愛妻ヘレンが病気で亡くなってしまう。

残されるジョンを心配してヘレンは生前に

子犬をジョンへのプレゼントとして送っており

その子犬はジョンにとって大事な存在になっていったのだが、

ある日突然ジョンの愛車を狙った強盗に暴行され、

子犬が殺されてしまう。

大事な存在を奪われたジョンは

復讐のため殺し屋として裏社会に戻ることになる。


●感想

第一印象はファンタジーのような設定がカッコいいところです。

今回の敵となる組織のボスがジョンの強さを語るときに

ジョンは鉛筆1本で3人殺したとか言い出したり、

建物内の殺しは厳禁な殺し屋御用達のホテルが出てきたり

裏社会の報酬はすべて共通の通貨のような金貨で支払われたり、

ファンタジー的設定が一々カッコいいんです。

そしてアクションがカッコイイ!

この映画のアクションは、銃での戦いがメインなのですが

ほぼ至近距離での撃ちあいなので

銃+格闘技を織り交ぜたアクションになっています。

ジョンは引退生活を送っていたせいか

最強な殺し屋だったわりに隙が多く、

そんなに強くないなーと感じるような

ちょっともたついた戦闘をするんですが

逆にそこがカッコいいんです。

戦闘中に銃の弾切れに気づかなくて

空撃ちしたりするんですが、余裕な感じで弾を込めたりするんですよ。

もたついてるのにもたついてないという感じがかっこいいんですよ。

そして出てくるキャラクター、

敵となる組織のボスや、そのボスの直近の部下、

ジョンを助けてくれる旧知の仲間など

みんな魅力的で何回観ても飽きないんです。


駄目なところは色々考えると

みんな間抜けなところが多くツッコミどころが

多いところですね。

頭からっぽで観れば最高の映画だと思います。


ジョン・ウィックBD

●おすすめ度

☆☆☆☆星5個中4個って感じです。

キアヌ・リーヴス好きな人や

ファンタジー要素がある世界観が受け入れられて

スカっとしたい人、独特なアクションが観たい人なんかにはおすすめです。

その他のおすすめ記事
ゾンビ初心者におすすめ!無難にみれるゾンビ映画6選!!
映画好きにおススメするYouTubeチャンネルを紹介!!

  スポンサードリンク            スポンサードリンク